社会福祉法人 五葉会

TEL
社会福祉法人 五葉会 ブログ

園芸班(園芸療法士)の仕事

Pocket

こんにちは、ACT藤井です🌺

年明け初日に能登半島地震があり、お正月気分も吹き飛び 現地の方々を思うと本当に身の引きまる思いがしますね。一日も早く救避難生活を余儀なくされている方々が日常の生活に戻れますようお祈り申し上げます。

 

今回は、普段の園芸班(園芸療法士)の仕事の紹介をしたいと思います。

一つ目にセラッピの丘の植物の管理です。特に一年を通してグランドプランツの姫イワダレ草の

繫殖力が強く、他の植物に侵食してしまう勢いの為マメに剪定しています。

また、庭や園芸活動等の寄せ植え鉢に植える花苗を種から育てています。セルトレイに小さな種を蒔き、

少し大きくなった頃園芸活動でご利用者様にポットに移し替えをして頂いたりしています。

 

因みに次の写真は、デージーという花苗で今度、見沼緑水苑で開催される体験会の園芸活動

(寄せ植え)で使う予定です。

 

畑やプランターにも芋類、カボチャ、胡瓜、大根、ニンジン、綿などを育てて、園芸活動だけでなく

他の活動でも使われています。

その他、季節や植物の状態に合わせた水やりや肥料やりは、やはり私達人間と同様欠かせませんね。

 

最後に隔週日曜日に行なっている最近の園芸活動について…💡

冬場は、気温が低い為、中々屋外にご利用者様をお誘いするのは難しいということで 室内で出来るクラフト作りをしています。飾りつけの材料は、もちろん春~秋に咲いていた花をドライにしたり、木の実を集めたものを利用しています。

  ← これは、いったい何の植物でしょうか?

 

 答え…綿の実のフワフワの部分を取り除いたがくです。

 

これをつかったアレンジメントを次回の活動で行う予定です❤

  

 

これからもご利用者様に喜んでやって頂ける活動を工夫して行なっていきたいと思いますので

よろしくお願いいたします。 

Pocket

セラッピの丘の植物達∼晩秋編∼

Pocket

こんにちは、ACTの藤井です🌺

立冬を越えると、朝晩随分気温が下がってきていますね。皆さん、風邪などひかれて

いませんか?

 

今回は、晩秋のセラッピの丘に咲いている花や実っている植物をご紹介しますね。

 

 

今、地面を這うようにピンク色に咲いている姫ツルソバです。もう少し、寒さが増してくると葉が紅葉してきます。

 

秋と云えば…菊ですね!

 

こちらも菊の仲間でシュウメイギク(秋明菊)という花です。

 

こちらは、夏に良く見かけるサルビアによく似ていますが、この時期に花が咲くパイナップルセージという

ハーブです。葉を指でこするとスッとした香りがしますよ。

 

バラは秋も美しいですね♡♡

  

今年の夏は異例の暑さ続きだった為か、この時期に何故´・ω・)??と咲いている花もチラホラと…

 

   

<ボケ>*早くて早春に咲く     <メラウレカ>*本来は6~7月に咲きます💦

 

セラッピの丘には、果樹も夏から秋にかけて色々実っていますが、晩秋に綺麗な黄色の柚子が…まだ、小ぶりな枝に

たわわに(今秋は30個近く‼)なっていました。

 

お次は、後ひと月程でクリスマスの季節に飾られる葉や実の…

ヒイラギで、赤い実がとても愛らしい☆★☆

 

最後に夏の暑い時期に種まきして育てた葉牡丹を先日、ガーデンに定植しました。

葉牡丹も葉の形や色が様々で、冬から春にかけてガーデンに彩りを添えてくれることでしょう。

 

木枯らしに負けずに生きてる植物たち、是非ぜひちょっと目に留めてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セラッピの丘には、果樹も夏から秋にかけて色々実っていますが、晩秋に綺麗な黄色の柚子が…まだ、小ぶりな枝にたわわに(今秋は30個近く‼)なっていました。

Pocket

焼き芋

Pocket

こんにちは。ACT竹内です。

11月に入り暑い日もありましたが、少しずつ気温も下がり冬に近づいてきたようですね。

さて、秋の食べ物と言えば“サツマイモ”ということで、10月に収穫したサツマイモを使い、先日は焼き芋を行いました。サツマイモの品種は“シルクスイート”です。シルクスイートとは少し甘めの「春こがね」と、程よい滑らかな食感をもつ「紅まさり」、二つを交配させて生まれたものとされており、甘みが程よく、のどごしが滑らかなのが特徴のしっとり系のサツマイモです。

 

まずは火をおこしていきます。今回はBBQ台で行っていきます。

 

火が付いたら、サツマイモを新聞紙で包み、水でよく濡らします。そして、アルミホイルを巻いて、火に入れて1時間ほど焼いてきます。

 

さて、早速、皆さんで試食をしていきたいと思います。お味はいかがでしょうか?

「焼けたかしら?」

 

「甘いね」

「美味しいよ」

 

ご自身で収穫されたサツマイモは、やはり格別ですね。また来年も、良いサツマイモを皆さんと共に作り、収穫、試食を行えたらと思います。

Pocket

花壇 整備中

Pocket

こんにちは!見沼緑水苑事務職員の岩田です

事務職員3人で施設の入り口に有った花壇を整備中です

綺麗な花壇になるように頑張ります!

Pocket

藍染め布のティッシュボックスカバー

Pocket

こんにちは、ACT藤井です🌺

9月に入ってもまだ、記録的な夏日が続く毎日で涼しい秋風を待ち焦がれている方も多いのでは?

 

今回は、7月下旬に行った藍染めで出来上がった布を使って“ティッシュボックスカバー”を個別活動で仕立てて、ご利用者様にお渡しした報告をしたいと思います。

 

染め上がった布の周りは、職員の方でまつり縫いをして整えておきます。

 

次に、端切れで藍染めした布を使って包み(クルミ)ぼたんを作っておきます。

 

その布とぼたんと簡単な裁縫セットを持って、ご利用者様のところへ行き、まずは染めて頂いた布をお見せした上で「この布をティッシュボックスカバーにしてもよろしいですか?」とお訊きして承諾して頂いた方に その場で仕立てているところを見て頂きながらお作りしました(中には、布は「そのままの状態で使用したい」と仰る方もいらっしゃいましたので…)。

  

  

 

作業している私の手元を見ながら、以前藍染めで作った作品を見せて下さりながら色んな話をして下さる方、黙々と見守って下さる方など 様々でしたが、カバーが出来上がりティッシュボックスに取り付けてお渡しすると、どの方もニッコリ笑顔になって「ありがとう❤」と喜んで頂けたのが私にとっても有難く嬉しいひと時となりました。

   

 

Pocket

稲穂

Pocket

見沼緑水苑 事務の島田です

今年5月末に、毎年恒例のバケツ田植えを行いました

ご利用者様が一生懸命植えて下さった稲が見事な黄金色に実り、重そうに

こうべを垂らしています

「稲刈りはまだですか?」と稲穂たちの言葉が聞こえてくるようです

9月下旬に稲刈りを予定していますので、それまで大切に見守っていきます

 

 

Pocket

秋の気配は少しずつ…

Pocket

9月半ば、まだまだ厳しい残暑です。

 

空に向かって伸びるパンパスグラスが、日を浴びて輝いています。

庭の花たちは暑さの中、可憐にたくましく咲いています。

クラブアップルやふうせんかずら、青い柚子の実がたくさん実っています。

風が涼しい夕暮れ時。

屋上では稲穂が稲刈り時を待っています。

夏と秋が同居するような気候から、少しずつ少しずつ、そしてある日気がつくと秋色一色に

なっているのでしょう…

暑さもお彼岸まで…ご利用者様とお散歩できるお日和が待ち遠しいです。

アクティビティケアチーム(ACT) 齋藤

 

Pocket

ジャガイモの茶巾絞り

Pocket

こんにちは、ACT竹内です。

9月に入りましたが、暑い日が続いていますね。

さて、先日は6月に収穫して頂いたジャガイモ(とうや)を使って、ジャガイモの茶巾絞りを作って頂きました。材料は、ジャガイモ、バター、塩こしょう、牛乳を使用して作りました。

 

作り方は、まず、ジャガイモの皮をむいて頂きます。

「ジャガイモの芽はしっかり取らないとね」

 

次に、ジャガイモ、バター、塩こしょうをボウルに入れて、マッシャーでつぶしていきます。少し硬い為、牛乳を入れて硬さを調整していきます。

 

つぶして頂いたジャガイモを丸めて頂き完成です。

「こんな感じかしら?」

 

最後は皆で試食をしていきます。

「美味しかった」

 

 

“とうや”というジャガイモはしっとりとした芋である為、滑らかになり食べやすかったです。ご自身で収穫して頂いたジャガイモを、ご自身で調理して頂くと、より美味しく感じますね。来年も皆さんと、ジャガイモの栽培から調理までを行っていけたらと思います。

Pocket

藍染め

Pocket

こんにちは、ACT藤井です🌺

厳しい暑さが続いておりますが、皆様暑さ疲れなど出ていませんか?

 

7月の終わりに藍染活動を見沼・指扇のご利用者様と行なった様子をご紹介します。

(与野のご利用者様、来年こそは藍染めできます事願っています☆彡)

 

まず初めに見本の柄を見て頂いて、お好きな柄を選んだら布を折ったり、ビー玉・割り箸・輪ゴム等で

柄作りの準備をします。

     

次に布を水によく浸してから水気を手で絞ります。

     

それから、いよいよ藍液に浸して1分間よく揉み込み、軽く絞り

再び、水の中で布をすすぎます。

そして、布に付けた輪ゴムや割り箸等を外して布を広げ、空気にさらすと…

緑色から藍色にみるみる布の色が変わっていくのをご覧になって、

     

ご利用者様の表情も笑顔になっておられました😊

皆さんの染め物作品をしばらく食堂の一角をお借りして展示させて頂きますので

お立ち寄りの折には、どうぞご覧ください。

Pocket

真昼の夏の庭 

Pocket

最高気温が日々更新されるこの頃。

ご利用者様とご一緒に庭の散歩をする機会が少なくなって参りましたが、猛暑の間も、季節の植物たちは元気に成長しています。

 

夏野菜はぐんぐん育ち、そろそろ食べごろを迎えるようです。

 

池のほとりの柏葉あじさいには、大きなセミの抜け殻が。

雑木林の深い緑。セミの声や鳥の声が聴こえてきます。

 

グランドカバーとなっている岩垂草(イワダレソウ)。樹木の根元を直射日光から守り、また保湿の役割も果たしています。

 

どんどん熟してくるブラックベリーやクラブアップルレモイネ。

木蓮のつぼみが、日差しを浴びて輝いています。

 

 

あずまやの日陰が涼し気です。

 

生い茂るローズマリー。

手入れの行き届いた庭ではいつでも、たくましく瑞々しい植物たちが待っています。

お散歩日和の涼しい日を逃さないように…

 

しばらくは屋内での活動やイベントを、ご利用者様には楽しんで頂けたらと思います。

 

アクティビティケアチーム(ACT) 齋藤

 

 

Pocket