社会福祉法人 五葉会

TEL
社会福祉法人 五葉会 ブログ

五月の音楽療法

Pocket

こんにちは。

アクティビティケアチーム(ACT)齋藤です。

こちらは楽器の確認をしています。

 

イスではなく楽器です。

『カホン』という南米発祥の楽器です(スペイン語で『箱』!)。

この日のセッションでは、カホンを鳴らしながら音楽療法士が歌い始めます。

♪大きな帆を立てて~あなたの手を引いて~

そこにご利用者様のマラカス・鈴・フラッパーカスタネットが加わります。

今回初お披露目のカホン。サンバのリズムが冴えています。電子ピアノの他、サンバベルやギロ、カウベルも加わり、セッションは徐々にぎやかになっていきます。

初めてお聴きになる曲ではあっても、ノリの良い皆様は身体で音楽を感じていらっしゃいます。

楽器で自然にリズムを取ったり、覚えたばかりのフレーズを口ずさんだり、踊るような手の動きで楽しさを表してくださったり。そんな高揚感や一体感を受けて、私たちも更にテンションが上がります。

♪あなたに会えた幸せ感じて 風になりたい…

 

五月の音楽療法活動では『母の日』の感謝の気持ちを込めて、活動時間内にミニコンサートのコーナーを設けました。

指扇・見沼・与野の各施設にて、『風になりたい』のほか、フルート・クラリネット・歌・ピアノそれぞれの独奏やアンサンブルをお聴き頂き、ご利用者様への演奏の贈り物とさせて頂きました。

(コロナ対策で演奏者はフェイスシールドを着用しています。)

ご利用者様と息を合わせて音楽を共有できる、こんな喜びを日常的に頂いている私たち専門員です。

ご利用者様お一人お一人に寄り添う音楽療法を深めて行くこと、そして心に届く音を奏でることの大切さを、折に触れてご利用者様から教えられています。

 

 

 

八十八夜の茶摘みから始まり、端午の節句・母の日・田植え…季節の風物に彩られ、五月は歌もよりどりみどりでした。

来月のセッションもどうぞお楽しみに…。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA