社会福祉法人 五葉会

TEL
社会福祉法人 五葉会 ブログ

「エンディングノートを書いてみよう」講演会

Pocket

こんにちは!地域包括支援センター社会福祉士チームです

10月17日に「宮原公民館」にて、「エンディングノートを書いてみよう」の講演会を行いました。

 

「もしも認知症などになって、いままで出来ていたことが出来なくなったらどうしようか?」と、どなたでも不安は持っているものです。

だんだん歳をとってくると、不安は尽きないもので、

「そうなる前にやっておけることはないだろうか~」と考えられる方は多いと思いますが、何をすればいいのか分からないものです。

 

「何をすればいいか」 「どういうサポートをしてもらえるのか」を、少しでも知っていただければとの思いから、近隣の方にご案内して、年2~3回ほど講演会をおこなっています。

 

今回のテーマは、「エンディングノートを書いてみよう」です。

講師は、司法書士法人 えん道グループ 柳田美和子さんにお願いしました。

今回、柳田さんにお願いした理由は、いままで出来ていたことが出来なくなった・そうなる前にサポートを受けられないかという方に、サービスを提供している司法書士法人だからです。

具体的には、成年後見制度の利用、遺言書の作成、エンディングノートの作成、身元保証、見守り、財産管理委任、死後事務委任などなど・・・です。

 

エンディングノートというのは、ご自分の生きてきた履歴や、ご自分で判断する能力がなくなったり、逝ってしまったあとにご家族に伝えておきたい事や、こうしてほしいという希望などを書き綴るものです。

遺言のように法的な効力を発揮することはないのですが、ご家族にご自分の意思を伝えておくのには大きな効果があるものです。

 

最初は、遺言や相続の話がありました。

 

「法的な効力はない!」との話から、いらっしゃっていただいた皆さんの興味は遺言や相続の方向に行きました。

 

「書けるものだけでもいいですよぉ」・・と言われても、最初から埋めていきたくなるものです。

◎出生にについて、◎学校の思い出、卒業後の記録で【就職】【結婚・子育て】、思い出のエピソード、◎退職後の記録など・・

「もうわすれちゃった~」の声があがっていました。

参加された皆様のご意見・ご様子から、遺言や相続での関心が高いので、次回のテーマは遺言・相続にしようかと考えております。

 

開催する場所も、宮原公民館以外で、奈良町、別所町などの地域でも開催したいと考えておりますので、皆様ぜひともご参加下さい。

0
Pocket

きのこの小物入れ

Pocket

皆さんこんにちは!ACTの田中です♪

今回のブログは毎月恒例の手工芸をご紹介したいと思います☆

 

今月の手工芸は・・・

「きのこの小物入れ」を作って頂きました!

 

 

 

毛糸を上から順番に巻いて・・

 

 

 

好きな色の柄を選んで・・・

 

 

完成!!

 

 

カラフルなキノコを見て

「気持ちも明るくなるわ」とおっしゃって下さいました☆

 

 

 

 

並べてみるともっと可愛くなりました♪

 

 

 

このキノコを見て

「きれいな色だから毒キノコだね」

「食べられないけど見るには良いね」等とお話も弾み

とてもきれいに作り上げて下さいました♪

 

季節にちなんだ手工芸は毎月行っておりますので

来月も是非楽しみにしていて下さいね☆

 

ACT 田中

0
Pocket

秋の映画鑑賞会

Pocket

こんにちは!ACT勝野です。

 

10月に入り、だんだんと寒くなってきましたね。

そろそろ秋の到来を感じて来たのではないでしょうか?

秋と言えば「食欲の秋」「読書の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」いろいろありますが

皆さんは何を思い浮かべますか?

緑水苑指扇では「芸術の秋」にちなんで映画鑑賞会を開催しました☆

 

今回は「ひばり・チエミのおしどり千両傘」を上映しました!

美空ひばりと江利チエミが歌と踊りと笑いで縦横無尽に突っ走るミュージカル時代劇です。

以前に見た事がある方は懐かしく、初めてみる方も楽しめる作品かと思います。

 

ご入居様達も一喜一憂しながらご覧になっていらっしゃいました。

なかには夢見心地な方もいらっしゃいましたが楽しい夢だといいですね!

 

今回は好みの映画ではなかった方も次回の映画鑑賞を楽しみにして下さいね♪

0
Pocket

☆稲刈り始めました☆

Pocket

 

こんにちは ACT松下です。

10月に入りましたが、まだまだ暑い日が続きますね。

社会福祉法人五葉会では、9月27日~10月3日にかけてバケツ稲の収穫を行いました。

日本の稲刈りは江戸時代から昭和40年頃までは人の手で稲を刈り、平成頃から機械を使い

収穫から脱穀まで行うようになったそうです。

便利な時代になりましたが、私たちはご入居者様と一緒に丁寧に人の手を使って収穫を行いましたよ!

では活動中の様子をどうぞ!!

 

「今年の稲も立派ね」

「豊作でした!」

「これから収穫します♪」

「仕分け作業も楽しいわ!」

 

「子供の頃にたくさんやったから」という方から「こんなの初めて」という方、育った環境は違いますが、

皆様、外の空気を吸い、太陽の日差しを浴びて楽しそうなご様子でしたよ!

活動中の皆様の笑顔がキラキラ眩しく、来年の田植えが今から楽しみですね☆

 

 

 

 

0
Pocket

人生100年時代

Pocket

白髪漸く交ゆ 還暦の壽

古稀獲得して 更に欣然

齢喜米に昇るは 天惠に依る

遂に是歡び迎う 百歳の年

(宮崎東明 「長寿之詩」)

 

気がつけば2019年も残り3ヶ月弱。皆様いかがお過ごしでしょうか。

緑水苑指扇相談員の大山です。

 

冒頭の漢詩は、70歳まで生きられた喜びとこのまま百歳を迎えられたらさらに喜ばしい、という気持ちを詠んだものです。

ちなみに今年度百歳以上の方は全国で7万人以上いらっしゃるそうです。

 

今年度は当苑でも3名の方が百歳を迎え、

さいたま市の職員さんよりお祝いの贈呈をいただきました。

 

内閣総理大臣からのお祝い状と、銀杯が贈呈されます。

 

皆様ご家族の方と記念撮影いただいたり、同じ入居者の方に「百歳だって」「すごいね」とお祝いの言葉をいただくなどいつもと違うひとときを過ごしていただきました。

 

近年「人生100年時代」なんて言葉が言われており、首相官邸に人生100年時代構想会議が設置されるなどしていますが、100年生きるということはそんなに容易い物ではないはずです。

 

それだけに100歳を迎えられた方たちをお祝いさせていただいたことは、私たち職員にとっても大きな喜びです。

 

今回お祝いいただいた皆様、本当におめでとうございます!

 

また来年以降も皆さんでお祝いができますように。

0
Pocket

ハロウィンの小物入れ

Pocket

こんにちは!ACT勝野です。

 

今回の手工芸はハロウィンの小物入れを作成しました♪

ハロウィンは最近では日本でもメジャーな季節のイベントになってきましたが

ご入居者様達にとっては馴染みの薄いイベントです。ですが・・・

「周りが盛り上がっているのに施設で盛り上がらないわけにはいかない!!」というわけで

まずはハロウィンにちなんだ作品を作って、ハロウィンを知って頂こうと

皆さんにオリジナルの「ジャック・オー・ランタン」を作成して頂きました☆

 

まずは、かぼちゃの色を選び、モールで紙コップに持ち手を取りつけます。

 

次に紙コップに画用紙を巻き付けて、かぼちゃの形に貼りつけていきます。

 

かぼちゃが出来たら、顔作り!!

お好きな顔のパーツを組み合わせて、表情を作っていきます♪

 

完成してみるとどこなく作った人に似ている気がします☆

 

今回の手工芸をきっかけにハロウィンに興味を持って頂き、

一緒にハロウィンを楽しめたら素晴らしいですね!

0
Pocket

敬老の日コンサート♪

Pocket

皆さん!こんにちは!!

ACT田中です♪

朝晩が涼しく秋の気配を感じ始めた今日この頃、いかがお過ごしですか?

緑水苑指扇ではこの度、敬老の日イベントとして

「敬老の日コンサート」を開催致しました♪

 

  

 

ご入居者様に日頃の感謝を込めて

毎年恒例のコンサートを開催致しましたが

ボランティアの方達の素晴らしい演奏に

ご入居者様はもちろん、職員達も楽しませて頂きました

 

 

演奏に口ずさんで下さる方や

昔を思い出し懐かしいとおっしゃって下さる方・・

また、演奏を聴いて涙される方もいらっしゃり

最後の曲では「ふるさと」を演奏と一緒に歌唱して頂くと

会場全体が一つになった様に感じました

 

  

 

ご入居者様の良い表情を見られた事や

「ありがとう」「来て良かった」等の言葉を聞くと

これからも、ご入居者様を笑顔に出来る様なイベントが出来る様に

尽力していきたいと思いました♫

ACT 田中

 

0
Pocket

☆手工芸クラブ開催しました☆

Pocket

こんにちは ACT松下です。

今回のブログは手工芸です!手工芸の内容は、フクロウをモチーフにした、ちぎり絵を行いました。

フクロウといえば「福来郎」・「不苦労」「不苦老」などの語呂合わせで縁起の良い字があてられ、

360度首が回ることから、開運・招福、お金や苦労に困らない、縁起物の象徴とされています。

 

それでは活動の様子です。

まずは紙の色を選んで頂き、型紙を使い鉛筆で形を書きます。

濡らした綿棒で線をなぞっていき、ちぎります。

見本を見たり、形を想像したりして貼り付けて…

貼りつけた紙に、メッセージを書き…

完成!!

フクロウは日本だけではなく、世界中で縁起が良い鳥とされているようです。五葉会で暮らす皆様に

福が来ますように☆

 

 

0
Pocket

「実習生さんが来ています」

Pocket

こんにちは。緑水苑指扇の施設ケアマネジャーの成田です。

普段は入居者様のケアマネジメントをしてプラン作成するのが仕事ですが、介護福祉士実習受け入れ先としての実習担当もしています。

 

現在来ている実習生さんは、介護福祉士を目指して学んでいる専門学生さんで、実習の段階としては養成課程最後の実習になります。約1か月間ケアワーカーに付いて実践を学んでいきます。

 

実習生さんには指導する立場として接しているものの、教えられることがたくさんあり、学びにもなっています。ある実習生さんが、入居者様が口ずさんでいる歌の歌詞を聞き取り、何の曲かネットで調べたという話を聞いて、入居者様のことをよく知ろうとする姿勢に感心しました。私にはその姿勢が足りないのでもう少し頑張らねば!と思いました。ちなみにその曲は入居者様の出身地の民謡でした。

 

私は団塊ジュニアと呼ばれる世代で、人生の折り返し地点に立っています。リタイアする準備を少しずつしていくと同時に、次の世代の方々が介護の世界で活躍できるようお手伝いできればと考えています。

 

0
Pocket

「夏から秋へ・・・」

Pocket

こんにちは、5月よりデイサービスへ移動となりました、生活相談員の相川です。

毎日、利用者さんには送迎はじめ、色々な面で楽しく、元気を頂いています。

 

この夏は、雨が続いたり、猛暑が続いたりして、熱中症など、健康を維持するのが本当に大変でしたね。

でも、8月も数日を残すところとなり、「四季」のあるこの「日本」は、確実に「夏」から「秋」へと自然が移り始めています。

 

この「モシャモシャ」した緑。皆様おわかりでしょうか・・・?

昨年の秋、たった1つのプランターに植わっていた「コスモス」の種が、今年は自然に、花壇のあちこちに新しい芽を育ませてくれています。猛暑の夏を耐え、「花芽」はまだ見当たりませんが、毎日少しずつ枝葉が茂って来ています。

 

そして別の花壇には「珍客」が・・・・

何だかお判りですか・・・?そう!「バッタ」です。ほとんど葉っぱと同じ色をしているので判りずらいのですが、何だか「秋」をそこまでつれてきてくれているような感じです。

これからは「セミ」の声に代って、だんだんと、色々な虫たちのハーモニーが聞こえてくるのでしょう。

 

今日は、その「秋」を先取りした感じで、ACTの皆さんの企画により、デイサービスの手工芸として「ふくろう」の貼り絵を作りました。

和紙に水を含ませ、手でちぎると毛の「ふわふわ」した感じが出ました。

これから「秋」の森で優しい声を聞かせてくれそうです。

そして、ここに書かれた一言・・・「いつまでも仲良く」101歳、人生の大先輩の言葉です。この短い一言に託された深い思いを、世界の国や人々に届く事を心より願います。

0
Pocket