社会福祉法人 五葉会

TEL
社会福祉法人 五葉会 ブログ

園芸療法士より🍃

Pocket

こんにちは、ACT藤井です🌺

今年の梅雨は3週間で異例の梅雨明け‼が発表され急激な猛暑が続いておりますが、

皆さん体調は如何でしょうか?

そんな暑さでせっかくの雨が大好きな花達からはちょっと悲鳴の聲が聴こえてきそうですが、

この6月に指扇特養の庭に美しく咲いていた紫陽花を幾つか皆さんにご紹介したいと思います。

淡いピンク色から濃いピンクそして紫に変化していく紫陽花、

まさに一般の花言葉にあるように「移り気」なように感じられますが、

花の色によって花言葉も様々なようです。因みにこのピンク色の紫陽花は、

かわいらしい色であることと心地の良い気候に咲くという由来から「元気な女性」だそうです。

 

こちらは、薄紫色から濃い青に変わっていく紫陽花。

こちらの花言葉は、離れていても思っている…というお話から「辛抱強い愛情」

 

こちらは、小さな花が集まってひとまとまりになって大きな花になっているところから

「家族団らん」という花言葉も…。

そんな言葉から母の日の贈り物や結婚式のフラワーブーケに使われ、

家族で仲良くしたい!という意味を表現するのに最適なお花…と言われているそうですよ。

 

こちらの白い『アナベル』という品種の紫陽花は、

主張が少ない分ほかの花と一緒に添えて贈るギフトにピッタリだそうです。

秋になると緑色に変化していきます。花言葉は「ひたむきな愛」

 

これは、ガクアジサイで 実は周りの花にみえるのは『ガク:装飾花』で

中心の小さく見えるのが『花』なのだそうです。こちらの花言葉は、「謙虚」。

確かに控えめな印象がありますよね。

 

 

最後にこちら…これまでの紫陽花と花全体の形が異なっていますね。

そして、葉の形が柏に似ていることから「カシワバアジサイ」と名付けられたそうで

私は右のピンク色の方は、ここで初めて見て‟可愛らしいな…“ととても気に入っています。

こちらの花言葉は「清純」「皆を引き付ける魅力」だそうです。

 

どうでしたか、気になる紫陽花はありましたでしょうか?

今年は既に暑さの為にしょんぼりしていますが、

来年また再び綺麗に咲くと思いますので 皆さんも暑さ対策しっかりとってこの夏を乗り越えていきましょうね。

 

 

☆続きまして…

【6月の園芸療法活動:ジャガイモ堀り】

6月26日(土)よく晴れた午前中、指扇特養のご利用者様とジャガイモ掘りをしました!

今年3月に種イモを植えてから3か月の間に 土の中で…

こんなに立派に育ちました!!「ジャガイモ掘りは初めて❤」という

ご利用者様もいらして、一株から幾つも出てくるお芋に皆さん驚かれていました。

  

 

この日、ご利用者の皆さんと収穫したジャガイモは何と…5㎏位にも!!

今後、このジャガイモを芋餅にしたり、夏祭りや特養でのお食事で

お芋料理として皆さんに味わって頂けると思いますので乞うご期待くださいませ☆

 

 

Pocket

白いあじさい <アナベル>

Pocket

こんにちは。

アクティビティケアチーム(ACT)齋藤です。

梅雨入りから約3週間、この日は数日ぶりの快晴となりました。

朝の通勤路は帽子無しでは歩けないほどの日差しですが、施設に到着すれば、日陰に吹く風の心地良さに救われます…

 

今日の個別活動では、ご利用者様に朝の涼しい風を感じて頂きましょう。

お庭仕事のお好きな方々に、日陰の涼しいコーナーから日向で頑張って咲いているあじさいに向けて水撒きをお願い致しました。

「お庭の水撒きは水道代が大変でしたよね。」

「いやぁ、家には井戸があったから大丈夫だったよ」

井戸水を電動で汲み上げるとうかがって驚きました。

「土がカラッカラですね!」

「葉っぱがくたびれちゃってるねぇ」

水を撒いて頂くと、湿った土の匂いが立ち昇ります。

「なんか良い匂いがするねぇ…」

「最近白いあじさいは人気があるみたいですよ」

「そうねぇ。娘の家に行った時に咲いていたね」

 

「大きい花だねぇ!」

「確かに。人の頭くらい…帽子くらいの大きさですね!」

 

「2,30本植わってますかねぇ」

「1,2,3,…15本だね」

水撒きする内に、しおれていた葉っぱが次第に生き返ってくるのが分かります。

「瑞々しくて気持ちいいですねぇ!」

「いいねぇ」

「虹が見えますか?!」

「あぁ、ホントだ!」

まるで自分が水浴びをしたかのような気持ち良さ。

水しぶきの虹をご利用者様と確認できて、なんだか嬉しいです。

ついつい日向のお花に近寄りがちになりますので、しばらく日陰に入って休憩しましょう。

遠くに見える畑を興味深くご覧になるご利用者様。

用水路を覗いたり、大きなトンボに驚いたり、農作業をされている近隣の方を労ったり。

 

「良い風が吹いてくるねぇ…」

「気持ち良いですねぇ…」

畑や雑木林に囲まれ広々とした景色を見渡しながら、このままずっと、のんびりお話をしていたい気持ちです。

「そういえば、この間あの辺に蛇が出て来たんですって💦」

「えぇ!?」

「あれぇ、○○さんは蛇には慣れていらっしゃるかと思いました!」

「ダメダメ~!」

「私もダメなんですよ~!」

 

昨日梅雨明けが発表された関東地方。見上げればすっかり夏の空です。

また次回、どなたかに水撒きをお願いに上がりたいと思います。

あじさいたちも今一度、輝いてくれますように。

 

アナベル (アメリカノリノキ)

北米原産のアジサイ属の植物

暑さ寒さに強く、見頃は6月から7月中旬ごろまで

白色のほかに、最近品種改良されたピンク色のアナベルもある

花言葉は「ひたむきな愛」「辛抱強い愛」

 

Pocket

父の日

Pocket

皆さんこんにちは。緑水苑指扇2階、りんどう・たんぽぽのユニットリーダーの宮前です。

 

この頃、雨が続きジメジメしたり急に涼しくなったりかと思えば30℃を超えたり…。体調を崩しやすいので皆様も体調の管理にはお気を付けください!

 

さて、今回は6/19に行った父の日の居酒屋の様子をお届けします。

緑水苑指扇では日頃の感謝を込め父の日に男性限定でお昼に居酒屋をオープンしています。

私、業務の都合で途中から参加だったのですが少しでも雰囲気を感じて頂ければ!

 

まず1階に降りると本格的な暖簾が!

 

 

そこを潜るとノスタルジックなポスター、メニューが目を引きます。

 

        

 

ポスターのくたびれ具合がいい味出してますねー!

 

私が駆け付けた時にはもう皆さんほぼ食べ終わっていましたがサワーやビール、日本酒、ワインなんてのもあったようです!担当者に聞くとノンアルコールだったそうですがそれでも皆さん久しぶりの居酒屋に満足して頂けたようでした!

 

 

ユニットに戻られ感想をお聞きすると「本当に楽しかったですよ。美味しい物もたくさん食べられて飲めて夢のようだったね。ありがとう。」というお言葉を頂きました。

そんな言葉をご本人様から笑顔で頂けると本当に介護士冥利に尽きます。また明日から頑張れます!

 

一生懸命日本の土台を作ってきて頂いた『お父さん』達に頭が上がりません。

 

  

 

いつもやさしく私たちを見守ってくれてありがとうございます!いつまでも元気でいて下さいね!私たちが精一杯サポートさせて頂きますので!

 

 

これから夏本番。

繰り返しになりますが皆様もコロナウイルスだけでなく熱中症等々体調には気をつけてお過ごし下さい。ご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

 

Pocket

☆アクティビティケアチーム(ACT)☆

Pocket

皆さんこんにちは。

緑水苑指扇 相談員の湯澤です。

 

今回は五葉会のアクティビティケアチーム(ACT)について紹介したいと思います‼

ACTは動物班・音楽班・園芸班と分かれており、

各施設を回ってご利用者様へ活動を提供しています。

 

 

まずは動物班

ドッグセラピーを中心に活動しています

ご利用者様にも大人気です!!

「触って頂くだけではなく一芸を見て頂いたり、オヤツをあげて頂いたり、

時にはご一緒に庭のお散歩に行ったりと犬を身近に感じて頂けるような触れ合いを行っています。

大人しい子から元気な子まで様々な性格な犬達が活動に参加しています!」

 

続いては音楽班

楽器の演奏や合唱等幅広く活動しています

ピアノコンサートも開催しています!!

「歌うことや楽器演奏がお好きな方はもちろん、歌や演奏をすることが難しい方でも、

お一人お一人に合った様々な方法で楽しんでいただけるのが、

音楽の魅力です☆ぜひ一緒に音楽しましょう♪」

 

そして園芸班

 

花や農園の手入れを行ったり、バケツで田植えを行う活動を行っています

バケツ稲はご利用者様から好評です!!

「ご利用者様と種蒔きや植物の管理、収穫などを行っています。

その中で植物に触れたり、香り、味等を感じ、癒しを得て頂いています。

1年を通しての植物の成長等を、長期的に楽しめる活動です。」

 

ACTではそれ以外にも書道や手工芸、お散歩等幅広く活動しております。

個別での活動も充実しているので、

緑水苑指扇には他の施設にはない魅力がいっぱいあります☆

 

 

広報誌も作成しています!

 

指扇は空床もまだありますので、施設への入所を検討している方や興味のある方は

ぜひお問い合わせください!!!お待ちしています!!

緑水苑指扇 048-620-7510 生活相談員 湯澤・浅野

 

 

 

Pocket

『選択デザート』🍰✨

Pocket

皆さん こんにちは 指扇 栄養科 原田です☆

先日は雨が続き気温も20℃以下に日が続きましたね。6月ですが寒さを感じられた方も

いらっしゃると思います。後半は一転して気温が高い日が続くようなので、寒暖差で体調を崩さないようにしていきたいですね。

 

さて栄養課では今年度初の試みとして選択デザートを行いました🍰

昨年度までは昼食時に2種類の主菜から1種類を選んで頂いていましたが、今回少し思考を変えてデザートを選んで頂くことにしました。

 

~昼食メニュー~🍝

・ミートソーススパゲティ

・コンソメスープ

・フレンチサラダ

・選択デザート

今回のデザートは『プリンアラモード』か『日向夏ロールケーキ 果物添え』でした✨

 

ちなみにどちらが人気だったかというと・・・

2倍の差で『プリンアラモード』が人気でした!😲

 

ユニットに行くと、皆さん大きな口を開けて召し上がられており好評でした。

 

 

職員食もご利用者様と同じ昼食を出しており、職員さんからも『見た目から食欲をそそる』、『美味しかった』と嬉しい言葉をいただきました。

 

今後も新しいメニュー、取り組みを行っていきたいと思います。

 

 

Pocket

「いただきます」「ごちそうさま」

Pocket

皆さん、こんにちは!指扇栄養課 神川です。

梅雨らしい天気でなかなか洗濯物が乾かないですね。

部屋干しの生乾きを防ぐには、洗濯物の間隔を空けるのと扇風機やサーキュレーターなどで風をあてるといいそうですよ。

 

今回日本人が食事の時に言う「いただきます」「ごちそうさま」の話を少ししたいと思います。

 

日本にはお食事の時に「いただきます」「ごちそうさま」という言葉があります。

意味は皆さん小さい時から聞いていると思いますのでご存じかと思います。

食べ物は自動的に食卓に並ぶわけではありません。

食材となる自然の恵みや、動植物が生きていく中で生まれるもので、それらの命を人間が採取したり、捕獲して「いただいて」いるのです。

「いただきます」は、私たちが生きていくために、命をくれた動植物や、手間をかけた人たちに対しての感謝の気持ちを表す言葉です。

そして、「ごちそうさま」は多くの生き物を「ごちそう」になりまた良い「ごちそう」を食べれたことへの感謝の言葉といえます。

飽食の日本、忙しい日常の中、1人で食べることも多くなっている今忘れていませんか?

今回ご利用者様の所に行き、一緒に声掛けをしました。

 

  

 

「いただきます」                    食事介助が必要な方も職員と一緒に「いただきます」

 

  

 

「ごちそうさまでした」

 

食事前と終わりのけじめともなるこれらの挨拶は、日本の食文化の一つであり、大切にしたい言葉ですね。

何気ない挨拶ですが、意味を知って使うことで、こころの栄養につながるのではないでしょうか。

 

 

 

Pocket

『ケーキバイキング🍰』

Pocket

皆さん、こんにちは。指扇 栄養課の神川 原田です☆

6月に入り関東も梅雨入りの発表がありましたね☂

梅雨になると気圧の変動で頭痛やめまい、だるさ等、体調を崩される方がいらっしゃると思いますが、いかがお過ごしでしょうか。

ご入居者様の中にも体調が優れず食欲が落ちている方や、外へ散歩に行きたくても天気が悪いため居室でのんびりと過ごされている方がいらっしゃいます。

そのため少しでも食欲が湧くように、楽しみがあるようにと先日ケーキバイキングを行いましたので、その様子を紹介させていただきます。

3階のラウンジに『スイーツバイキング』の看板が出ています!

 

どんなスイーツが並んでいるのか、見てみましょう🍰

まずは左からチョコレートケーキ、いちごのケーキ、栗のロールケーキ。

 

カスタードケーキ、ようかん(小豆、芋)、レアチーズムースです。

 

 

どれも美味しそう~😋

 

スタートと同時にと利用者様が続々と出てこられました。

お一人ずつお皿を取って、お好きなスイーツを2.3個取っていただきます。

 

『これがいいわ』

『こっちもいいわね』

  

皆さんよ~く悩まれてから取っています。

 

スイーツを選んだ後は、看板の前で『パシャリ✨』📷

     

皆さんと~っても笑顔です✨

 

スイーツはユニットでコーヒーやココアと共に召し上がられました。

 

皆さん、あっという間に召し上がられ大好評でした。

時には甘い物を食べ気分転換し、梅雨を乗り切りたいですね。

 

 

 

 

Pocket

写真撮影がありました📷

Pocket

こんにちは!ACT新井です☆彡

 

六月に入り

梅雨入りした模様ですね

雨が多く肌寒い日が続いております☂

 

道端の紫陽花が徐々に色付き

曇りがちな空模様にしっとりとした色彩が情緒的🐌🐸

 

嫌われがちな梅雨ですが

わたしは嫌いでは無いのです

(食パンさえカビなければ…💧)

 

さて

前回、ブログでテレビ取材が来た事を

お伝えしたのですが

 

5月31日の

本日はホームページと

パンフレットの更新の為

プロのカメラマンによる写真撮影が行われました

 

ACTの活動の様子も

ばっちり撮って頂けました

 

まずは

外の活動の様子から

 

「あら。バラが綺麗」

ご利用者様は撮影よりお花が気になるご様子

「この辺に…こう、こんな感じで置いて頂いて…」

カメラマンさんが

良い位置を見定めて下さいました📷

ご利用者様達は和やかにお話しをされていますが

「こっち向いてくださーい」

犬達の集中力が一分と持ちません(^^;)

園芸と動物介在のコラボ🐾🌼

写真に収めて下さいました

そして

この日はミニバラ全盛期

バラのアーチのお散歩写真も

撮影しましたよ

はい、チーズ

 

ラウンジでは…

音楽療法の真っ最中

太鼓のリズムをお届けできなくて

残念ですが

プロは

活動の妨げにならない様

その場の雰囲気を色々な方向から

撮影して下さいます

こちらでは

何を撮影されているのでしょうか…?

居室の様子を

撮っていらっしゃいました

冷暖房完備

眺めもいいんですよ

 

1階に降りて

施設長と軽い打ち合わせの後に

居宅職員の写真撮影です

少し緊張気味な様子です

「笑ってくださーい!」

 

 

リニュアル後のHPとパンフレットに

期待が膨らみますね☆☆☆

 

楽しみです♪

 

 

 

 

Pocket

音楽の活動にはどんな意味があるんでしょうか?

Pocket

こんにちは、ACT小林です。

 

 

みなさんは、音楽お好きですか?

 

 

聴くのが好きな方、自分で歌いたい派、みんなで楽器の演奏を楽しみたい!など、一口に音楽が好きと言っても、その楽しみ方は千差万別。

 

 

 

私は、五葉会で音楽療法の活動を担当させていただいていますが、音楽好きなご利用者様が多く、みなさま思い思いのスタイルで、音楽と向き合われているように感じます。

 

 

例えば、“聴く”ということに注目をすると・・・

 

 

自分の好きな曲、馴染みのある曲を聴くと、脳ではアルファー波がたくさん出るようです。

アルファー波は、リラックスしている時に出る脳波です。

緊張している時に好きな曲を聴くと落ち着く、というのは、こういうことからきているのかもしれませんね。

 

また、ある研究によると、好きな曲や馴染みの曲に限らず、演歌や民謡を聴いてもアルファー波が出るんだそうです。

「演歌とか民謡なんてダサーい!」なんて言っている若い大学生でも、それらを聴いている時の脳波を測定すると、アルファー波が出ていたそうで、不思議ですよね!

音階や曲の流れ、“間”といったものが、日本人の本能にぐっとくるのかもしれません。

 

 

 

 

逆に、初めて聴く曲は、脳を活性化させるそうです。

これはなんだ?!次はどうなるんだろう?と、脳が一生懸命分析しているのかもしれません。

よく“脳トレ”なんてされている方も多いと思いますが、新しい曲を聴くだけでも、ある意味、脳トレになるのかもしれませんね☆

 

 

重度の認知症の方などは、音楽の活動に来てくださっても、歌ったり、演奏したり、という、他者から見てわかりやすい行動がとりにくくなりがちです。

「聴いているだけなんだけど・・・。」「聞こえているかもわからないんだけど・・・。」と、“せっかくやってくれているんだから、歌わないと、演奏しないと”と、ご利用者様や職員の中には、活動実施者に対して申し訳なく思ったり、気を遣ってくださったりする方もいらっしゃいます。

 

しかし、歌の活動だから歌わないといけない、なんてことはありません。

 

他の方が歌っていらっしゃるのを聴くことで、心身共にリラックスされているかもしれませんし、昔のことを回想されているかもしれません。

よーく見ると、手や足で小さくリズムをとっていらっしゃるかもしれませんし、目を動かして反応してくださっているかもしれません。

 

他の方と、同じ音楽や空間を共有することに、大きな意味があるのではないかと思います。

 

 

 

長くなってしまうので、ここでは割愛させていただきますが、みなさんが何気なく行ってくださっている“歌うこと”、“楽器を演奏すること”も、実は脳や身体の様々な機能を使った、とても高度なことなのです!

 

 

音楽療法の活動では、ご利用者様の認知的、精神的、身体的な状態などに合わせ、そういった“何気ない”ことを効果的に利用し、みなさまの機能維持や回復、改善を目指しています。

 

また、五葉会では音楽療法だけではなく、動物介在、園芸療法などの専門の職員が常駐しています。

 

集団活動の他にも、ご利用者様お一人お一人に合った方法で、様々な活動を個別活動として楽しんでいただくことができます。

 

各活動については、五葉会ブログでもちょくちょくアップされていますので、気になった方はぜひご覧になってみてくださいね♪

 

Pocket

手工芸・バラのノンオイルハーバリウム

Pocket

みなさんこんにちは!ACT小林です。

 

今、せらっぴの丘には

バラが

 

 

バラが

 

 

 

バラが・・・

 

 

 

勢ぞろいしています!

この時期のお散歩は、気候も良く、綺麗なバラがたくさん、ということで、ご利用者様に大好評です♪

 

しかし、美しい花は永遠に咲いているわけではなく、時期が過ぎると枯れてしまいます。

生きているものには必ず終わりがあり、そしてまた新しい命がめぐってきます。

なんだかしんみりしてしまいました( ;∀;)

 

以前、別のブログ記事で、「桜の時期は短いなあ。」とつぶやかれたご利用者様に対して、別の方が「一年中咲いていたら飽きてしまうよ。これくらいがいいんだよ。」と仰ったというエピソードがありました。

確かに、生きているものには限りがあり、だからこそ美しさを感じますし、その限られた時間を大切にしようと思うのかもしれません。

 

とは言え、やっぱり綺麗なものがいつもそばにあったら気持ちがいいですよね!

 

ということで、今回は、素敵なバラを季節を問わず、いつでも楽しんでいただけるように、『バラのノンオイルハーバリウム』という作品を作っていただきました☆

ノンオイル?!

 

ハーバリウムは、専用のオイルを使って花が劣化するのを防ぐと思いますが、このオイルがちょっと高額・・・そして生のお花を綺麗な状態で保つことも、素人には結構難しいのです・・・

 

そこで今回は、オイルも生のお花も使わずにできるハーバリウムを考えました!(もはやハーバリウムと言えるのかわかりませんが。)

たから“ノンオイル”です!

 

お花を入れて頂くのは某ヨーグルト飲料のペットボトルです。

 

 

まずは、ボトルの中に入れるバラを作ります。

綺麗な色の不織布をくるくる丸めていただきます。

 

 

 

次に、ノンオイルでもボトルの中のバラが浮いたように見えるよう、緩衝材を作っていただきます。

緩衝材は、すずらんテープを細く割いていただいたもの。

手先を動かすことで、手指の巧緻性の維持に繋がりますし、他の作業は少し難しく感じられる方も、この“割く”作業は行って下さいました。

 

 

 

 

割く作業は、テープが静電気で手にくっついてしまったりと、思うように進まないこともありましたが、みなさん根気よく行って下さいました。

 

これが終わったら、いよいよボトルの中に、バラや割いたすずらんテープ、キラキラ光るビーズなどを入れていただきます。

中のバラが浮いているように見えませんか?

 

  

 

中身を入れ終わったら、ボトルの蓋をしっかり閉め、蓋の上につける大きなバラを作っていただきます。

こちらはフェルトを巻いて作っていただきます。

みなさんご自分がイメージされたバラになるよう、巻き方を工夫しながら丁寧に作ってくださいました。

 

  

 

フェルトのバラが完成したら、蓋にしっかりとくっつけます!

真剣な表情!

 

 

最後に、バラの香りのアロマオイルを垂らして完成です♪

 

   

 

「いい香りがするわ!」

ご自分の思った通りのバラができ、より一層いい香りが感じられたのではないでしょうか。

来月の手工芸も、お楽しみに・・・☆

 

 

 

 

 

 

 

Pocket